斑尾 グリーンシーズン
  • アクティビティ 斑尾高原
  • 泊まる 宿泊
  • 交通情報 アクセス

  1. HOME
  2. 山遊び・滑る・走る

森の冒険、鳥の目線で滑空するジップラインとバランス感覚を養うスラックライン

森の中でジップラインを楽しんでみませんか。鳥の目線で森を冒険する、ゲレンデ上空を滑空する気分は、きっときっと皆さんを笑顔にしてくれるはずです。子供も大人も楽しめるジップラインは、普段体験していない時間と空に浮かぶ気分を与えてくれますよ。

ジップラインは1回だけの魅力と思っている人が多いと思います。しかし同じジップラインでもその日の天候や季節によって見える風景も感覚も違うものを知ってますか。
霧の中を滑る感覚、青空を滑空する感覚は全く違うものです、雨の中でのジップラインも案外楽しい場合
もあります。
まずは、インストラクターの説明を聞いてその日の天候や季節によって変化する斑尾高原を滑空してみましょう
ジップラインナイトライダーは、昼間と全く違う世界となります、またラインも違う為、冒険心たっぷりです。真っ暗な森の世界に飛び出しましょう。 雨の日は下の写真のようなレインコートを着てレンジャーのようにかっこよく滑空します。


また、バランス感覚に自身があったらスラックラインに挑戦してみませんか。
最近新しいスポーツとして人気も高まり、全国大会が開催される程の人気スポーツにもなっています。綱渡りを低く短くして、誰でも楽しめるように進化させたスポーツがスラックラインです。子供から大人まで一緒にでき、鉄製のワイヤーなどとは違い、その上下左右に揺れて弾むことがスラックラインの特徴でもあります。

通常、ラインは低く設置するので、誰でも安全に遊べるスポーツです。主に公園の木などに巻いて設置しますが、条件が揃えば室内でも設置可能です。

斑尾 夏休み キャンプ

森の冒険ツリーイング、ロープの結び方を覚え木や虫を観察 フィトンチットの森で癒される

木登り(ツリーイング)をした事はありますか? 木の上からの眺めは最高ですよね。昔は誰もがしたことですが最近では出来る場所がなくなってしまいました。自然と触れる事はこんな事から始まるものです。
ロープとハーネス(安全ベルト)を使って、人も樹木も安全に安心して登ることができ、ロープの結び方や道具の使い方を学び、樹木や虫などを観察して感じる体験は、森の自然について理解を深めてくれます。


森にはフィトンチットという樹木が放散する化学物質が溢れています。(古来この殺菌作用を利用して木の弁当箱やまな板が使われていたのは昔の人の知恵でもありました)本来、樹木に有害な生物を遠ざけるための物質ですが、人間をリラックスさせる効果があることが分かってきています。

 フィトンチットの放散量は季節によって異なり、気温が高く5月ごろに急激に増えはじめ、6月から8月にかけてピークを迎えます。夜間に比べ、昼間は量が少ない。雨上がりなど湿度が高い環境の方が、放散が活発になるともいわれており、朝もやの早朝、森林の散歩が気持ち良いのは、このフィトンチットの放散に関係しているかもしれませんね。
森の匂いはリラックスさせてくれるだけでなく、新しい気持ちを湧き立たせてくれると感じる時がありませんか。

斑尾 夏休み キャンプ

グラススキー、マウンテンボード

夏でも冬と同じに滑りたい、滑走したいと思う人は必ずいらっしゃいます。
斑尾高原ではグラススキー、マウンテンボードを御用意しておりますので、高原の風を受けて疾走してみませんか。マウンテンボードは特に最近人気のスポーツになりつつあり、斑尾高原での人気も高くなりつつあります。テクニックを披露するもよし、また冬の練習として楽しむのも良し、一度は試してほしいスポーツです。

マウンテンボードは、オールテレインボードとも呼ばれ、土・砂利・芝など『どこでも滑れるスケートボード』として開発された場所を選ばない横乗りスポーツです。Tバーリフトもあるので何度も楽しめるのが嬉しいですよね
ヤギちゃんパークに立ち寄る人の視線をあびちゃいましょう。

斑尾 夏休み キャンプ

ドッグラン

8:30~17:00小型犬エリアと中・大型犬エリアに分かれています キャンプエリアの直ぐ近くにあるドッグランですので愛犬と一緒に走っちゃいましょう。 

斑尾 夏休み キャンプ

安心安全 給食 幼稚園給食 食育 保育園 ゴルフ アーチェリー
バギー ジップライン ジップライン ジップライン 千曲川ラフティング

斑尾高原ホテル・斑尾高原スキー場    〒389-2257 長野県飯山市斑尾高原  TEL. 0269-64-3211