ジップラインアドベンチャー 体験記  

ZIPLINE ADVENTUREは、クライミングの技術と用具を使用して、森の中をワイヤーロープとプーリー(滑車)
を伝って滑り降りる遊びです。
身長120cm以上、体重25kg以上120kg以下なら、誰でも楽しめます。
ターザンになった様な気分が味わえるんですっ!

ターザンをするために、まずは専用用具を身体に装着します。
インストラクターの広辺さんに教えてもらいながら、ハーネスやプーリー(滑車)、ヘルメット等をセット!

いざコースへ!! の前に・・・、練習コースで安全講習を受けます。
ここでそして意外と汗をかくということなので、首にタオルも巻いてみました。

合わせたわけじゃないのに、シャツとヘルメットのオレンジ色も、ハーネスとキャミソールの
黄色も揃ってるし、準備は完璧!!、プーリー(滑車)などのつけ方や着地のコツ、注意事項などをチェック!

インストラクターさんにOKをもらえたら、いよいよコースへ出るぞ〜。
雨の予報だったけど、自称晴れ男(職場のDサマ)&自称晴れ女(私)のおかげ(?)で、空は青いし、
山はキレイだし、いいターザン日和だ!
ワイヤーロープは、スキー場内のあちこちに張り巡らされています。
初めはちょっとドキドキだけど、距離が低くて高さが低いコースから順番に周っていくので、心配ありません。
とにかく1回ターザンしてみると、楽しくて楽しくて、早く次のコースに行きたくなっちゃうから(笑)。

プーリー(滑車)にしっかり捕まって滑り下りたのは最初だけ。
2重3重の安全対策がとられているのでスッカリ安心して、プーリー(滑車)から手を放してみたり、プーリー
(滑車)を背中に吊って鳥のように滑り降りてみたり、年甲斐もなく大声出して騒いじゃいました。
 うまく着地できないとロープの真ん中辺りまで戻っちゃうのですが、写真の救助道具で助けてくれるので心配ありません。
     
 途中、トトロの森みたいな場所をロープで下りたりもします
     
 最後に約140mの一番長いコースをターザンして終了。
もうちょっと飛びたいなぁ・・・。
     
 コースをぐるぐるっと周ると2時間ぐらいかかります。スキー場の斜面を歩いて次のコースへ移動
するので、結構イイ運動になるんですよ。いい汗かけます!
     
天候により中止になる時もありますが、小雨程度ならカッパを着てターザンできます。
予約制なので、前日の17:00までに申し込んで下さいね。
それと、動きやすい服装、スニーカー等の歩きやすい靴が良いですよ。

子供はもちろん、おじちゃん、おばちゃんも無邪気になれるZIPLINE ADVENTURE。
なんと!76歳女性や82歳男性もターザンしたそうですよ!!!! とにかく1度体験してみて♪
 

 転載承認 20110401